Online Shop Zippo Time

ビンテージ・ジッポー専門店!珍品・レア物・満載。Zippoマニア必見!!10,000以上お買上で送料無料。(沖縄県・離島を除く)



全アイテムのご紹介

葉巻 使用不可?【ZIPPO】

​誰かのイタズラでしょうか?葉巻型のピンズをジッポーの、リッドとボトムに渡り貼り付けてあるので「キャップ」が開きません、、、アメリカのコレクターから、大量に買い

ジッポーコレクション NO.35 GOLF 1941【DeAGOSTINI】

誕生前夜からの深い縁 Zippo とゴルフの物語 Zippo 社を生み出したジョージ・G・ブレイズデルには、その生涯を通じてこよなく愛し、楽しんだ対象が4つある

1967 初代 マツダ コスモスポーツ モデルカーセット 【ZIPPO】

コスモスポーツは、1967年5月に「2シーター・クーペモデル」として発売された、世界初の実用・量産「ロータリー・エンジン」搭載車です。ロータリー・エンジンの走り

VIETNAM CHULAI 64-65【ZIPPO】

​VIET NAM CHULAI 64-65 

ミッキー・マウス ピル ボックス 【ZIPPO】

ピルボックスは、1980年~88年に販売されました。4枚目の画像は「参考画像」で、ジッポー写真館No.4に掲載されている「ウルトラ・ライト加工」の試作品です。

BLACK KNIGHTS 【ZIPPO】

アメリカ海軍のストライク飛行隊154(第154戦闘飛行隊)VFA-154。愛称は、コックピット前のIFFアンテナ・カバーをサイの角に見立てた「RHINO(ライノ

木製ジッポー ギャランティデザイン 【ZIPPO】

 Zippo  GUARANTEE

PLAYING TOOL FISHING 3【ZIPPO】

ケース表面はリールのデザインになっています。センター中央部分のネジをコイン等で回すと、中には針とおもりが入っています。リール外側の糸止めゴムは、浮きゴムに利用で

リチャード・ウォーリック Joe&CAMEL ルーレット 1/1 【ZIPPO】

RICHARD WALLICH:リチャード・ウォリックの手書きジッポーです。彼は、ジッポー社からジッポーのペイントを初めて許可されたイラストレーターです。この独

ジッポーコレクション NO.116 SOLDIER MEDAL OF HONOR 2009【DeAGOSTINI】

ミリタリーZippoの愛好家必読!米軍モデルの多彩極まるラインアップ周知の通り、Zippoと米軍はとは長く深い関係にある。それだけに、米軍をモティーフにしたモデ




 

ジッポー!ア・ラ・カルト

ZIPPO STORY

ZIPPO STORY

ジッポーが生まれたのは、アメリカ全体が苦しみ、もがいている時期だった。1929年のニューヨークでの株式市場の異常に端を発した世界大恐慌のあおりを受け、空前の大不景気。こうした状況の中、1932年に美しい森に囲まれたペンシルバニア州ブラッドフォードの町でジッポーは産声をあげた。開発者の名前はジョージ・グランド・ブレイズデル。パーティー会場で友人がオーストリア製の扱いづらいオイルライターを使っているのを見たのがきっかけだった。ブレイズデルのひやかしに、友人が「It Works:火がつけばいいんだよ」と返した。その言葉に、ブレイズデルは強い衝撃を受ける。そして「安いうえに性能がよく、丈夫で長持ちするライターは商売になる」と考え、すぐさまライター会社の独占販売権を獲得する。しかし、彼はこのライターに物足りなさを感じ、得意にしていた製造技術を活かして、新しいライター作りに取りかかりはじめた。設備の整わない自動車工場での製作だったが、情熱を注ぎこみ日夜ライター作りに励んだ。こうして、角張った長方形のスタイル、そして片手で着火が可能なライターが完成した。そのライターの名は「ジッポー」。同じペンシルバニア州で発明された「ジッパー」の音の響きを気に入っていたため、これをもじったのだ。ブレイズデルは会心の出来栄えに「自分が生きている間、このライターは変わらないだろう」と力強く断言した。

Zippo社 新社屋誕生 1955年

Zippo社 新社屋誕生 1955年

1955年創業者ジョージ・G・ブレイズデルは、Zippoの故郷であるペンシルバニア州ブラッドフォードの中心部に、Zippoを象徴する本社を建設した。この地はブレイズデル自身の故郷でも在る。現在も、バーバー・ストリート33番地に建つこの建物は、160カ国以上に販売網を広げるZippo社の総本山としてだけでなく、"故郷の星”として地元の誇りとなっている。 コメントは「ジッポーコレクション:DeAGOSTINI」18号より転載させて頂きました。

1934年製 セカンド・ショートモデル(アウトサイドヒンジ)

1934年製 セカンド・ショートモデル(アウトサイドヒンジ)

1934年製3バレル、通称「セカンド・ショートモデル」は、1935年製3バレル・アウトサイドヒンジのケースよりも2mm 背が高く「ファーストモデル」のケースをカットした物を使用しています。流通量及び残存数が極少なく「コレクターズ」垂涎のアイテムです。

ボトムコード表を作成しました。

ボトムコード表を作成しました。

ホーム・トップページの右上「ボトムコード表」をクリックして下さい。スリムモデルは、再度(スリムモデル)をクリックして下さい。

P.V.Dコーティング

P.V.Dコーティング

P.V.Dコーティングとは(Physical Vapor Deposition)の略語で、高エネルギーの原子(イオン等)をぶつけて、金属原子を吹き飛ばし、その金属原子を表面に層状に物理蒸着させる加工です。その為、従来のZippoよりも表面硬度が高く、比較的にキズが付きにくいのが特徴です。