Zippo Chronicle (年代記)

年代 詳細
1895年
6月5日、Zippo創業者のジョージ・グラント・ブレイズデルが、米ペンシルバニア州ブラッドフォードに生まれる。

G.G.B 1941レプリカ ソリッドゴールド(18K)

1932年
ブレイズデルが「Zippo Manufacturing Company」を設立。
ブラッドフォードのダウンタウンにあるリッカーソン&ブライド社のビル2階に、工房を設ける。

KEEPING THE HISTORY ALIVE

1933年
ジッポーライター(ファースト・モデル)の販売開始。価格は1ドル95セントで、当時から永年保証も謳われていた。

外ヒンジ用、インストラクション

1934年
片手で着火できる「ポケット・ライター」として、パテントを申請する。

1934年  セカンド  4バレル・外ヒンジ

1935年
ジッポーライターが、企業のノベルティ用としての需要が拡大。

KENDALL ! THE FIRST AD ZIPPO

1936年
1934年5月に申請した特許が承認される。(PAT.2032695 MADE IN U.S.A.)※Zippo社初の特許。
この年に、スターリング・モデルを発売。

スクエア・コーナー・モデル メタリケ MIB

1937年
ジッポー社、初の全国広告を「エスクァイア誌」に出稿。ジッポーライターの成型を確立した1937年型モデルを発売。

1937 ウインディ 雑誌広告

1938年
ブラッドフォードのバーバー通りに自社ビルを購入。それまでガラス瓶に入っていたオイルが、缶入りとなって発売。
初の卓上ライターを発売。

TABLE LIGHTER DELUXE 1th MODEL

1941年
現行モデルの原型となる、角の丸い「ラウンドコーナー・モデル」とも呼ばれる「1941年型」を発売。(このモデルは2001年に復刻される)

BELL AIR CRAFT 

1942年
第2次世界大戦に伴う物資不足のため、ケースの素材が真鍮からB級スチールに変更。サビ止めとしてブラック・クラッケル塗装したモデルが登場する。以降3年間、軍用のみ販売。通算製造個数「100万個」を達成。

ブラッククラッケル アーニー・パイル

1943年
米軍への納入を開始。将軍だった「アイゼンハワー」や「マッカーサー」からも賞賛される。

D.A.MACARTHUR STERLING

1946年
フリント・ホイールの故障により「6週間」出荷を停止し、30万ドルを掛け開発に着手。ボトムが凹型の「キャンド・ボトム」が登場。

1946-47年 ニッケルシルバー 試作品

1947年
宣伝用車両として後に名を馳せる「Zippoカー」がデビューする。通算製造個数「1000万個」を達成。

ジッポーカー・ミニチュアモデル

1948年
ケースの素材が本来の真鍮に戻る。

ゴルファー・ウィズハット プロト

1949年
オンタリオ州、ナイアガラの滝近くに「カナダ工場」を新設。タウン&カントリー・シリーズを発売。(1948年開発)

カナダ・ジッポー 最初期製造品

1950年
ブレイズデル、両親の名を冠した社会福祉事業「フィロ&サラ財団」を設立。
1950年に、ブラスケース全体をレザーで包まれた「フル・レザーラップ」が登場、すべて「ハンドメイド」の仕上がりで、手間が掛かり過ぎた為に、翌年「1951年」には製造中止された。

フル・レザーラップ HOOVER

1951年
朝鮮戦争勃発により、1954年まで「スチール製」モデルを製造。初のフリント・ディスペンサーを発売。

初期フリントディスペンサー 

1953年
ボトム刻印の特許番号を「#2517191」に変更、通称:フルスタンプ。(正式認可は1958年)

G.G.B ハイポリッシュ フルスタンプ

1955年
それまでと同じバーバー通りに新本社ビルが完成。一部のライターに製造コードが刻印される。ボトムのロゴがイタリック体に。(カリフォルニア州にディズニーランド開園)

BARBOUR STREET BUILDING

1956年
スリム・モデルが登場。開発の為に「インサイド・ユニット」を様々に改善する。(1956年の発売初期だけ通称「コブラヘッド」と呼ばれる「ホイールガード」が付いていましたが「着火性能」に問題があり、すぐに取り去られた)

1956年 スリム最初期 コブラヘッド 10KGF

1957年
創業25周年記念モデル発売。ジッポーを使った初の他社製テーブル・ライター「ローズアート・モデル」を発売。

25th Anniversary 1932-1957

1960年
通算製造個数「1億個」を達成。6フィートの「スチール製巻尺」から製品多様化を開始。

レディキロワット(RULE)

1965年
英国での販売を開始。Zippoのオイル製造プラントがブラッドフォードで操業開始。
ユニークな塹壕(ざんごう)アート「ベトナム・ジッポー」が登場する。

ベトナム・ジッポー

1967年
1967年後期から、パテント・ナンバー表示が、ボトム刻印から消える。そしてZippo史上"最も美しいモデル"と言われる、タウン&カントリーの製造が1967年に惜しくも生産中止。(製造には多くの手間と時間、そしてコストがかかる為)

G.G.B タウン&カントリー

1968年
日本の代理店との販売契約締結。

1935 REPLICA 上陸40周年記念

1969年
1969年7月20日、人類初のアポロ11号によるNASAの偉業を記念した「月面着陸記念ジッポー」を発売。この記念ジッポーで"タウン&カントリー”が一時的に復活する。

月面着陸 NASA メッセージ

1972年
創業40周年記念モデル発売。
このモデルにはブレイズデルの感謝のメッセージが刻まれている。

40th Anniversary 1932-1972

1974年
この年から、スラッシュを用いた「製造年刻印」を採用。

1974年 GE ゼネラルエレクトリック

1978年
創業者「ブレイズデル」マイアミで逝去(享年83歳)。オーナーに娘二人が就任。

ZIPPO 創立者 G.G.BLAISDELL 肖像画

1979年
二代目社長にブレイズデルの腹心「ボブ・ゲイリー」が就任。後に有名なエピソードとなる、耐風テストの敢行、風速14.2mの耐風性を実証。(Zippoのセールスマンたちは、客先を訪れ実際に扇風機を回して火をつけ、この手法が各地で繰り返され、Zippoの耐風性が全米に広く知れ渡ることになる)。修理専門の「ジッポー・サーヴィス」が日本にオープン。
※ジッポー・サーヴィス
〒491-0376 愛知県一宮市萩原町串作字水絶36番

TRY THE FAN TEST

1980年
炎の形をあしらった新ロゴマークをボトムに採用。1970年代後半に考案されたこのロゴは、若干の変更を加えつつも今日に継承されている。

ZIPPO EU市場 販売店用ディスプレイ スタンド

1982年
創業50周年記念モデル発売。(映画 ゛ET ” が封切りとなり、大ヒットを記録する)

50th Anniversary 1932-1982

1983年
1983年フラット・ボトムが「日本国内」向けに生産される。このフラット・ボトムの「ボトム刻印」が、逆スラッシュからローマ数字に変わる1986年6月迄の短期間だけに、大きいスラッシュのイヤリーコード(通称"デカスラ")が刻印され、プレーン(無地)のキャンド・ボトムは1983年以降は国内未販売品となる。
また、この年から1991年までの間、フラット・ボトムには、筆記体のZIPPOロゴが採用され「ボトム」に刻印されています。

ヤマハ ヨット・クラブ フラットボトム(デカ・スラッシュ)

1985年
ガスライター「CONTEMPO」を発売。

​Contempo BUTANE COLLECTION (日本製)

1986年
ボトム・コードを、それまでのスラッシュを用いたものから、アルファベットとローマ数字による表記に変更。前者は製造月を、後者は製造年を表す。(迷彩柄モデルを発売)

ボトムコード・タグ ゴールド

1987年
O.T.L.S(ON THE LIGHTER SIDE:1983年設立 ) 、第1回コンヴェンション、ダラス/テキサスで開催。

1987年 O.T.L.S  First

1988年
通算製造個数「2億個」を達成。ファースト・モデル復刻。

1932 REPLICA

1992年
本社ビルをリニューアル。創業60周年記念モデル発売。

60th Anniversary 1932-1992

1993年
19世紀末創業の米ナイフ・メーカー「ケース社」を傘下に収める。

CASE 10TH ANNIVERSARY

1994年
「最高に優雅な時間にふさわしい、洗練されたデザインの領域へ、、、Zippoの、光り輝く船出」と、カタログで謳われた ″トレド・コレクション”を発売。

The TOREDO COLLECTION From Zippo

1995年
第1回ジッポー/ケース・インターナショナル・スワップミートを開催。

スワップミート初年度

1996年
通算製造個数「3億個」を達成。

3億個生産記念

1997年
Zippo/CACE ビジターセンター開館。創業65周年記念モデル発売。

ビジターセンター グランド・オープン記念

1998年
第1回ジッポー東京・スワップミートを開催。(六本木ラフォーレ・ミュージアム)

TOKYO SWAP MEET 1998

2000年
2000年特別ボトム刻印(2000 XVI)。せり上がり防止性能を高めた「新インサイド・ユニット」を採用。ミレミアム・モデル発売。

2011年6月製 (F-11)

2001年
製造年コードの刻印方式が変更。下2桁の記号(例:2001=01)になる。1941レプリカ・モデル発売。

ボトムコード・タグ  シルバー

2002年
創業70周年記念モデル発売。
レギュラー・タイプの1.5倍の厚みがあるアーマー・モデル、多用途向けガスライターMLPを発売。
この年に、カナダ工場が閉鎖。

70th Anniversary 1932-2002

2003年
通算製造個数「4億個」を達成。

4億個生産記念

2005年
ガスライター「Blu」を発売。

ZIPPO Blu

2007年
創業75周年記念モデル発売。

75周年記念 従業員配布用

2008年
リッド・トップにも、刻印が施された「ボトムズアップ」モデル発売。

ボトムズ アップ 初年度

2009年
ジッポー社は、天然資源の消費や環境保護の為「Zippo」のプラステック製パッケージをすべて、再生ボール紙の箱にリプレースした。中の型紙を入れ替えることで、スリムタイプにも対応、故に箱は゛ワンボックス”と呼ばれている。

再生ボール紙 ゛ワンボックス ”

2010年
初の「フレグランス」を発売。
1913年創業の米ライター・メーカー「ロンソン」のブランドを傘下に収める。

FRAGRANCES 50ml

2012年
6月5日、Zippoの通算製造個数「5億個」を達成。創業80週年、創業者ジョージ・ブレイズデルの誕生日、そして生産5億個を祝うため、この日「ペンシルバニア州ブラッドフォード」のZippo本社では、大々的な式典が開催された。

zippo 500 MILLION JUNE 5.2012

2013年
我が国で初めてライター・コレクターが主導するクラブ「Far East Eternal Flame」=「極東の消えない炎」設立。(2013年5月15日)

第1回 FEEF コンベンション記念

2015年
デアゴスティーニ・ジャパンから、ジッポーコレクション NO.1(創刊号)が発売される。

ジッポーコレクション NO.1(創刊号)